セラピストのやりがい

セラピストは人と人との関りが大切になる仕事です。自分の技術が商売道具になる為、覚えることも多く肉体的に苦労することもありますが、努力した分だけ評価や給料に反映され、やりがいを感じることの多い仕事でもあります。

 

 

人の役に立てる

セラピストさんの一番のやりがいはこれだと思います。どんな仕事をしていても、仕事をしているという事で既に人の役に立っているという事にはなりますが、セラピストのお仕事は直接的にお客様の身体をもみほぐすことで、心身への癒しを提供することが出来ます。施術後にお客様に感謝されたり、癒されたとお言葉をいただけるとセラピストをやっていてよかった と心から思いました。体力勝負で苦労の多い仕事ですが、身に付けた知識や技術をそのまま誰かに提供できるので、自然と勉強意欲も高まります。一緒に働くスタッフも同じ気持ちの人が多いので、働きやすい環境だと思います。

 

自分を頼って来てくれるお客様ができる

指名制度というのはきつい人にとっては一番きつかったり、ストレスになってしまうこともあります。しかし、業務委託という契約で働くセラピストとは切っても切り離せないものであり、大きなやりがいに繋がる制度でもあります。自分を指名してくれるお客様は、自分の施術が好きで、指名料などのお金をプラスで払ってもこの人に施術してほしいと思ってくれているお客様です。社会から必要とされ働いているというのと、個人から必要とされ働いているというのはかなり違います。指名が付くようになると仕事へのモチベーションがさらに上がります。

 

独立できる

リラクゼーションサロンの需要が高まり、次々新しいサロンが開業しています。セラピストは技術を身に付ければ自分で開業することだって可能です。手に職がつくからという理由でセラピストを始める方もたくさんいらっしゃいます。自宅の一室やアパートの一室を借りて、小さなリラクゼーションサロンを開業することができます
セラピストには必要な資格はありません。なので、手に職をつけておきたいと思ったときにすぐ飛び込めるのがセラピストの良いところです。もっと踏み込んで、治療等の施術が出来るようになりたいと考えあん摩マッサージ指圧師の資格の勉強を始めるセラピストもいます。また、もっと美容に深くかかわりたいと思い、アロマテラピストなどの民間資格の勉強をされるセラピストもいます。
女性であれば、育児がひと段落して社会復帰をしようかと考えたとき、身についていた技術があり、働き先があればすぐに復帰できるのも、手に職がつくセラピストという仕事の利点です。