セラピストの苦労

セラピストを目指す人に、この職業の良いところも悪いところもちゃんと知っておいてほしい。セラピストが悩みやすい仕事上の苦労をピックアップしました。しっかりとセラピストという職業の良いところと悪いところを理解しておかないと、ギャップに苦しんでしまいます。雇用形態から給与まで、一般の会社員とは大きく異なることもしっかり把握しておきましょう。

 

体力勝負

リラクセーションセラピストに体力は必須です。しかしどれだけ体力に自信があってセラピストを始めた人でも、実際働いてみるときつくなってしまう方も多いです。人を癒す仕事、癒しの空間と穏やかなイメージが強い業種ですが、汗水流して自分の身一つでお客様に癒しを提供するお仕事です。腱鞘炎になったり、慢性的な腰痛を抱えてしまう方もたくさんいます。お客様の身体のケアはできても、セラピスト自身は不調を抱えやすいのが辛いところですね。

 

指名制度

セラピストと切っても切れない関係にあるのがこの指名制度です。固定のお客様が付くことはセラピストとしての自信ややりがいに繋がります。お話をするのが楽しみになったり、指名料の分が自分に入ってくるサロンも多いのでそのお客様に指名して頂けるというのは仕事面で大きくプラスに働きます。しかし、自分を指名してくれていたお客様が同じサロンで働いている他のスタッフを指名するようになってしまった……なんてこともよくあるのです。ショックだし、自分のセラピストとしての腕にも自信がなくなってしまいますよね。
また、自分だけ指名がつかない……というのも良く聞くお悩みです。指名制度はセラピストである以上絶対に向き合わなければいけない課題になります。それが大きくやりがいに繋がることもあるので、本当に人それぞれです。

 

安定した給料を得づらい

完全歩合制の場合一日の施術数によってお給料が変わってきます。人の少ない地域などの店舗で働くとどうしても1日の施術数が少なくなり、比例してお給料も減ってしまいます。以前月給制で働いていた場合などは特に、生活面で苦しくなってしまうかもしれません。しかし、歩合制はやりようによっては固定給で働くより稼ぐこともできます。自分の頑張りがそのままお給料にも出るのでやりがいもあります。そのために、働くサロン選びが本当に大事になってきます。人がたくさん集まる地域にあるサロンはもちろん集客も高いのでオススメです。それだけでなく、ネットや街頭看板などでも集客のための努力をしているかも調べてみましょう。