セラピストに向いている人

セラピストに向いている人って、いったいどんな人なのでしょうか。未経験の方なんか特に、性格的な向き不向きより、技術がない自分には無理なのでは……と思ってしまいがちです。でも、セラピストだって他の仕事と変わらず、働き方の方向性であったり、性格的な向き不向きをまずは考えてみましょう。

 

 

健康であり体力に自信がある

セラピストの仕事はとにかく健康第一。体調を崩して働けなくなってしまうと、その期間お金を稼ぐことが出来なくなってしまいます。しかしデスクワークなどとは違って肉体労働になる為、どうしても体調を崩しやすいです。あまり風邪などひかない、体力に自信のある人は完璧ですが、そうでない人は風邪やインフルエンザなど、徹底的に予防しましょう。

 

人と話すのが好き

施術の際はたとえ個室でなくともお客様と一対一になります。お客様によって違いますが、中にはセラピストと会話をするのが楽しみで来店されるお客様も多いです。人と話したり、コミュニケーションを取ることが好きな人は、仕事を楽しく感じられると思います。余計なことを言ってお客様を不快にさせることのないように、それでいて話を聞いていないような態度をとらない。また話が弾むのは良いのですが、おしゃべりに夢中になって施術を疎かにしてしまっては本末転倒です。バランスよくお客様と接する必要があります。

 

向上心のある人

セラピストは技術職です。もちろん、一般的なマニュアルはありますが、施術の方法はお客様の数だけ存在します。お客様の悩みや、体質に合わせた施術方法を日々学んでいくことになります。技術を身に付けて自分をどんどん成長させたい人、どんなジャンルにおいても学ぶことが好きな人はかなりの強みになります。また、努力し技術の向上を図り、一人一人が『職人』になることで、業務委託だけでなく独立や個人サロン開業の夢も近づきます。

 

性格が穏やか

セラピストは、マッサージ師とは違って『治療』をするのではなく『癒し』を提供するお仕事です。癒しを与える側がぴりぴりしていては、お客様が癒されることはありません。常に、とは言いませんが、比較的心に波風が立ちにくい、穏やかな性格の人はセラピストに向いています。また、そういったセラピストには「○○さんに施術してもらうと癒される」などの声が集まり、指名数が増えることも多いです。ストレスを一切感じないというは無理なことです。気分のムラは誰にでもありますが、自分は人を癒す立場であるという事をしっかり自覚しましょう。